リモートでTCGをやった話
Game
Published: 2020-03-29

今日はリモート接続でTCGを遊びましたので、その記録を残しておきます。

遊んだのはVampire: The Eternal Struggleというゲームです。

使ったツール

やったこと

  • 上記のサイトからLackey CCG をダウンロード

    • 自分はMac版を使用。他のメンバーはWindows版)
  • アプリ内のPreferencesタブにてプレイヤー名等の基本情報を入力

  • V:TESのプラグインをインストール

    • 画像ファイルのダウンロードに時間がかかる。自分の環境では一晩かかった
  • アプリ内のDeck Editorからデッキの情報を入力する

  • ホスト役が作成してくれたルームに入る

  • 楽しい!! ✌(‘ω'✌ )三✌(‘ω’)✌三( ✌'ω’)✌

感想

意外となんとかなったものの、操作は全体的にめんどくさい。

全体的に、ゲーム自体はなんとかなった。(始める前は、正直に言うと、まともに遊べる気がしていなかった)

普段は目の前で裏向きに置いてあるカードを手でめくって表側を確認して元に戻すだけなのに対して、今日は盤上のカードをクリックした後に画面左上のボックスをダブルクリックする、といった操作が必要になる。万事この調子で、正直ストレスは溜まった。

また、Lackey CCGはいかにも昔のアプリケーションといったUIな事もあり、最近のイケてるITベンチャーが作る洗練されたUIのWebサービスに慣れている身としては懐かしい気分が半分、めんどくさい気分が半分といったところだった。(無償のアプリに対してわがままを言ってはいけないが。)

コミュニケーションツールに一工夫が必要そう。

音声はSkypeで繋いで遊んでいたので、普段の遊び方(ターンプレイヤーとその前後くらいの人以外は雑談しながらゲームしている)と同じように遊んでいると、ゲーム上必要な会話がかき消されてしまってゲームの正常な進行を妨げてしまう事が度々起きた。
⇢ 雑談用チャットを立ち上げて、ゲームに関係ない話はそこで(文字で)やる等の工夫が必要か。

その他

知らない人が「おっ、やってる?」みたいな感じで入ってきたのが面白かった。 (マイナーゲーだからと気を抜かずに)パスワードはかけよう。

comments powered by Disqus